ホーム 主筆 その他ソフト その他情報 Syuhitu.org English

主筆

特徴
動作環境
ダウンロード
既知の不具合
FAQ
スクリーンショット
コンパイル方法
カスタマイズ方法
更新履歴
使用許諾契約

FAQ

今まで質問(というかメールそのもの)が来た試しはありませんが、とりあえず予測されうる質問と答えを思いつく限り書いておきます。

ダウンロード

インストール

実行

コンパイル

著作権・使用許諾契約

その他

ダウンロード

ダウンロードできないのですが。

何らかの事情でsyuhitu.orgからダウンロードできない場合は、Vectorからダウンロードしてみてください。

Vectorのページ

それでもだめな場合は、たぶんクライアント側の問題かと思われます。コンピュータの設定を見直すか、管理者に連絡するか、諦めるかしてください。

トップに戻る

古いバージョンのものが欲しいのですが。

このサイトでは、直近の3バージョンのものを公開しています。

それよりも古いものが欲しい場合には、sourdeforgeからダウンロードしてください。第9版以前のものはもはや作者の手元にも残っていませんので諦めてください。

トップに戻る

インストール

ファイルが展開できないのですが。

主筆の配布ファイルは、tarとbzip2で圧縮されています。展開するためには、tarおよびbzip2を展開できるアーカイバが必要となります。

通常Solarisでは、

  • bunzip2 bz2のファイル
  • tar -xf tarファイル

とすれば、展開できるはずです。

トップに戻る

インストールの仕方が判りません。

詳細なインストール方法は、マニュアルを参照してください。

配布ファイルを展開すると、syuhituというディレクトリが作成されます。そしてその中に、NBKTtaed.pkgというファイルが生成されます。

インストールするためには、rootユーザで「pkgadd -d NBKTtaed.pkg」とコマンドを入力してください。

トップに戻る

実行

起動の仕方が判りません。

インストールすると、「/bin」に「syuhitu」というファイルが作成されます。

そのため、syuhituとコマンドを入力すれば起動することができます。なお、初めて起動する際には、必ず普段使用するユーザの権限で起動してください。

初めて起動されたときには、ホームディレクトリに「.TaEdit_com」というディレクトリを生成します。このときsuコマンドでrootになったまま主筆を実行してしまうと、生成するディレクトリのアクセス権がrootになってしまうため、その後の実行に支障を来します。

もし、root権限で起動してしまった場合には、システムの再起動後に「.TaEdit_com」を削除してください。

トップに戻る

起動時に重大なエラーとか言われて起動できないのですが。

主筆は「libDtSvc.so」というライブラリの64ビット版を使用します。 そして、そのライブラリを参照するためのパスを、起動するためのシェルスクリプト「syuhitu」によって行っています。

もし、「ld.so.1: /....インストール先のパス名.../TaEdit: 重大なエラー: /usr/dt/lib/libDtSvc.so.1: ELF クラスが正しくありません: ELFCLASS32」 と言われた場合には、このパスの設定がうまくいっていない可能性があります。

その場合には、「syuhitu」シェルスクリプト中の上から5行目、LD_LIBRARY_PATHを設定している行の「/usr/dt/lib/sparcv9」の部分を、 「libDtSvc.so」ファイルが格納されているパスに変更して下さい。

トップに戻る

メニューに表示される文字が変なのですが。

リソースファイルの読み込みに失敗した場合には、下記のような画面になります。

リソースの読み込みに失敗した時の画面

また、読み込んだリソースファイルが壊れていたりエンコードが間違っていたりした場合には、文字化けしてしまうことがあります。 それではまともに使用することができませんので、リソースは正しく設定するようにしてください。

参照するリソースファイルの設定は、起動するために使用する「syuhitu」というシェルスクリプトによって行っています。 インストール時の状態では、8行目で「XFILESEARCHPATH」という環境変数を設定しており、インストール先フォルダ内にある「resource」というフォルダ内のファイルを読み込むようになっています。

リソースファイルの読み込みに失敗するような場合には、このパス名の設定が正しいかどうか、現在使用しているロケールに対応したリソースファイルが存在するか、 読み込んでいるリソースファイルのエンコードが間違っていないか、等を確認して下さい。

トップに戻る

起動すると「実行」という無駄なウインドウが一緒に表示されるのですが。

CDE上でプログラムを起動した時には、必ず標準入出力を行うための「実行」ウインドウが表示されます。これはCDEの仕様です。 標準入出力を使用せず「実行」ウインドウも表示させたくない場合には、「アクション」を作成して、そこから起動する必要があります。

「アクション」を作成するには「アクション作成ツール」を使用して下さい。

また、主筆ではアクションの作成やアイコンの設定、ファイルの関連づけの設定を行うためのシェルスクリプト「cdeconfig.sh」を提供しています。 これはインストール先のフォルダ内に格納されています。もし、CDEの設定を行いたい場合には、このシェルスクリプトを実行して下さい。 また、CDEの設定を元に戻したい場合には、同じフォルダ内に格納されている「cdeunconfig.sh」というシェルスクリプトを実行して下さい。

トップに戻る

コンパイル

configureによるコンパイル方法は提供されないのですか?

configureのスクリプトを用意するのが面倒なので作っていません。ソースコードの配布ファイル中に含まれているMakefileを用いてコンパイルしてください。

なお、このソフトはSun Studio 12を用いて開発されています。その為、コンパイルするためにはSun Studio 12が必要となります。

トップに戻る

gccでコンパイルしたいのですが。

gccではコンパイルしたことがないので判りません。しかし、多少ソースコードの修正は必要かもしれませんが、やってできないことはないかと思われます。

ただし、配布ファイル中に含まれるソースコードだけでは、Sun Studio 12に含まれるX-Designerというツールが出力するファイルが不足しているので、gccだけでコンパイルすることは不可能です。 どうしてもgccでコンパイルしたい場合には、Sun Studio 12を用意して、コンパイル時に使用するコンパイラとしてgccを指定するようにしてください。

トップに戻る

著作権・使用許諾契約

非商用で再配布したいのですが。

一向に構いません。こちらかもお願い致します。また、作者への連絡の義務もありません。

トップに戻る

商用で再配布したいのですが。

一向に構いません。こちらかもお願い致します。また、作者への連絡の義務もありません。ただ、連絡していただけるとうれしく思います。

ただし、作者は主筆や付属するドキュメントやその他について、一切の責任を負わず、いかなる保証も致しません。そのところをご了承ください。

トップに戻る

主筆に変更を加えたバージョンを作成しました。これを配布したいのですが。

下記の事項を満たす限り一向に構いません。

  • 変更されているということを明示すること。
  • 変更した人の連絡先を示すこと。
  • 変更前の主筆の入手先(つまりhttp://www.syuhitu.org/)を示すこと。
  • 主筆の使用許諾契約の写しを同梱すること。

    トップに戻る

主筆に変更を加えたバージョンを作成しました。これを別のソフトウェアとして配布したいのですが。

下記の条件を満たす限り、主筆を元して作成されたソフトウェアに対して、有償・無償を問わず任意のライセンスを適用して配布・販売していただくことが可能です。

  • 主筆を元に作成されている、ということを明示すること。
  • 変更した人の連絡先を示すこと。
  • 変更前の主筆の作者が、一切の責任を負わず、またいかなる保証もしない事を保証すること。
  • 「主筆を元して作成されたソフトウェア」に対して改変を許諾する場合には、ソースコードの公開を義務づけるような形での許諾とはしないこと。

なお、あなたには、第三者に対してソースコードを公開する義務もありませんし、改変を許諾する義務もありません。

あと、あまりにもえげつないことを(例えば、サポートの連絡先として作者nabiki_tのメールアドレスを書くとか)した場合には、法的措置をとるとこも視野に入れて検討させていただきます。ご了承ください。

トップに戻る

主筆にGPLを適用して配布したいのですが。

主筆や主筆を元にして作成されたソフトウェアに対して、任意のライセンスを適用して配布していただくことができます。ただし、ソースコードの公開や改変を義務づけるようなライセンスは適用することはできません。

そのため、GPL等のいわゆるオープンソース系のライセンスの大半は適用することが禁止されます。

この制約は、作者nabiki_tがひねくれ者だから設けられたものです。諦めてください。

トップに戻る

その他

バグがあるんですが。

バグを見つけた場合には、大変お手数ですが作者まで知らせていただけると大変助かります。

バグがあった場合には、その次以降のバージョンで修正するか、仕様として開き直るかして対処したいと思います。

トップに戻る

バグかどうか判りませんが、なんか挙動が怪しいのですが。

明確にバグだと思えないようなことでもかまいません。気がついたことがあれば作者まで連絡していただけると大変助かります。 今後の開発の参考に致します。

トップに戻る

新しい機能を追加してほしいのですが。

意見、要望なども随時受け付けております。 しかし、なにぶん個人が暇を見つけて作成しているだけですので、全ての要望に応えられるとは限りません。 ですが、最大限努力したいとは思います。

トップに戻る

32ビット版が欲しいのですが。

この辺のページを参考にしながら、Sun Studio 11で再コンパイルしてください。

トップに戻る

x86版が欲しいのですが。

作者はやった事がありませんが、x86版のSun Studio 12とかそれに類するものを用いればx86版が作成できるかも知れません。

なお、ソースコード版の配布ファイルに含まれているMakefileは、SPARC用のコードを生成するように記述されています。x86用にコンパイルするには、Makefileをある程度手直しする必要があるものと思われます。

暇な方は挑戦してみてください。

トップに戻る

このサイトにリンクを張りたいのですが。

このサイト内のどこのページにリンクを張っていただいても一向にかまいません。また、特に連絡して頂かなくてもかまいません。

ただし、ページは作者の気まぐれで追加・削除・変更される可能性があります。リンク切れや内容の不整合に関しては、リンクした側で対処してください。

トップに戻る

日本語がへたくそで何言っているのかよく判らないのですが。

申し訳ございません。

どうしても分かりにくい点や、不適切な記述があった場合には作者まで連絡して下さい。今後のバージョンで修正いたします。

トップに戻る

英語がへたくそで何言っているのかよく判らないのですが。

申し訳ございません。

日本語の文章の方を読んで下さい。 また、たとえご指摘をいただいたとしても修正できるとは限りません。 英文については現状あるがままでの提供となります。

トップに戻る

アイコンが気持ち悪いんですが。

絵とアイコンが下手なのは作者の画才がないためです。

「cdeconfig.sh」によって設定を行っている場合には、主筆は「$HOME/.dt/icons」にある「c.*」「cpp.*」「cbl.*」「h.*」「syuhitu.*」のファイルを参照します(第12版では)。 そのため、これらのファイルを修正していただければ、アイコンを変更する事ができます。

トップに戻る

作者が気持ち悪いんですが。

申し訳ございません。

しかし、このページをここまで熟読したあなたには、キモオタ度で勝てるとは思えません。

トップに戻る


連絡先 - サイトマップ - 更新履歴
Copyright (C)  2000 - 2016 nabiki_t All Rights Reserved.