ホーム 主筆 その他ソフト その他情報 Syuhitu.org English

Windows関連

スクリーンセーバー作成法

半透明ウインドウの性能

bootfont.bin

キャビネット形式

ウインドウスタイルをいじる

Java製ソフトをServiceに登録する

イベントログにメッセージを出力する

コントロールパネルにアイコンを追加する

スクリプトによる拡張1

スクリプトによる拡張2

ガジェットの作成

大容量メモリ

メモリ搭載量の下限に挑む

スパースファイルにする

表示されるアイコンの種類を調べてみた

メモリマップIOとエラー処理

ファイルを作る順番と速度の関係

Cryptography API: Next Generationを使う

Windows 10のアクセントカラー

iSCSIディスクにバックアップを取る

サーバプロセスを分離して実装する

サーバプロセスを分離して実装する - F#

レジストリに大量に書き込む

Solaris関連

OpenGL

Solaris設定

ディレクトリの読み込み

主筆プラグイン開発

マルチスレッドでの開発

door

音を出す

Blade100の正しい虐め方

パッケージの作成

画像入出力

BMPファイル

ICOファイル

ANIファイル

JPEGファイル

減色アルゴリズム

減色アルゴリズムの並列化

その他アルゴリズムなど

自由軸回転

Base64

文字列操作

CPU利用率の取得

正規表現ライブラリ

メタボールを作る

メタボールを作る2

正規表現とNFA・DFA

C言語の構文解析

液晶ディスプレイを解体してみた

iSCSIの理論と実装

単一フォルダにファイルを沢山作る

USB-HUBのカスケード接続

SafeIntの性能

VHDファイルのフォーマット

USBメモリに書き込み続けてみた

pkginfo

pkginfo - パッケージの情報を記述したファイル

概要

パッケージに関する情報を記述したファイル。

表記などについては省略。この辺を参照。

パラメータ

pkginfoでは、下記のパラメータが定義されている。

PKG(必須)

パッケージの名称

使用できる文字は32文字以下の英数字。先頭は英字でなければならない。

"install"・"new"・"all"は予約されている。

なお、最初の4文字は、会社名を識別する文字列にするのが習慣である。

NAME(必須)

パッケージの名前を指定する。最大256文字。

パッケージの機能や目的を記述する。略語や内部名は記述しない事。なお、詳細な情報の記述には、DESCパラメータを用いる事ができる。

パッケージの説明をできるだけ明快に記述する事。

ARCH(必須)

パッケージが対象とするアーキテクチャを記述する。

コンマで区切って複数個指定する事ができる。アーキテクチャ名は最大16文字で、コンマを含む事はできない。

このパラメータの値は、実際にパッケージのビルドを行うときに、pkgmkコマンドによって変更される可能性がある。

Solarisのインストーラは、下記の形式のアーキテクチャ名を一つだけ参照する。

<instruction_set_architecture>[.<platform_group>]

platform_groupは、Solaris本体を構成するパッケージでのみ使用される。

サードパーティのアプリケーションでは、アーキテクチャ名は"sparc"・"i386"・"ppc"のいずれかにするべきである。

プラットフォーム・グループ(uname -m)には、SPARCでは"sun4u"・"sun4m"、i386では"i86pc"が使用できる。

VERSION(必須)

パッケージのバージョンを記述する。最大256文字で、先頭は左括弧であってはならない。

このパラメータの値は、実際にパッケージのビルドを行うときに、pkgmkコマンドによって変更される可能性がある。

現在のSolarisの習慣では、十進分類法を使用する事になっている。ついでにいうと、途中で数を減らすのは無し。

<major_revision>.<minor_revision>[.<micro_revision>]

全てのリビジョンは整数で表記される。

必要であれば、上記のフォーマット中の数値の代わりに任意の文字列を使用する事ができる。

CATEGORY(必須)

パッケージが属するカテゴリを指定する。コンマで区切って複数個指定することができる。

パッケージは、少なくとも"application"か"system"のどちらかのカテゴリには属する。

大文字と小文字は区別される。英数字のみ使用可能。各パッケージ名は最大16文字。

DESC

パッケージの説明文。最大256文字。

このパラメータには、このパッケージが何なのかという事を、インストーラに伝えるために使用する。NAMEパラメータに書いた内容と矛盾しないようにしろ。

NAMEとDESTには、"pkginfo -l"でパッケージの情報を表示させたときに、正しい情報が表示されるように記述しろ。


VENDOR

パッケージの著作権を保有しているベンダーを識別する情報を記述する。最大256文字。

HOTLINE

バグやその他詳細な情報を受け取るための、電話番号やメールアドレスを記述する。最大256文字。

EMAIL

バグやその他詳細な情報を受け取るためのメールアドレスを記述する。最大256文字。

VSTOCK

ベンダーのストック番号等このプロダクトを識別する文字列。最大256文字。

CLASSES

このパッケージ対して定義されたクラス名。スペースで区切って複数個指定する事ができる。

クラス名を記述する順番は、インストールされるクラスの順番を規定する。最初に記述したクラスが最初にインストールされる。

なお、このパラメータはリクエスト・スクリプトにより変更される可能性がある。

ISTATES

パッケージをインストールすることができるランレベルを記述する。例えば"S s 1"は、ランレベルSとsと1でインストールできる事を示す。

Solarisでは、ランレベルはS, s, 0, 1, 2, 3, 5, 6が規定されている。そのうち、使用できる値はs, S, 1, 2, 3である。

RSTATES

このパッケージを実行させる事ができるランレベルを記述する。例えば"S s 1"は、ランレベルS,とsと 1で実行する事ができる事を示す。

Solarisでは、ランレベルはS, s, 0, 1, 2, 3, 5, 6が規定されている。そのうち、使用できる値はs, S, 1, 2, 3である。

BASEDIR

再配置可能なファイルを配置する、デフォルトの位置を指定する。

もし空白だった場合は、パッケージには再配置可能なファイルが存在しないと仮定され、相対パスのファイルはインストールされなくなる。

なお、管理者はデフォルトのディレクトリを上書きする事ができる。

ULIMIT

ulimitコマンドに渡す引数を指定する。インストール中に生成するファイルの最大サイズを規定する。

ORDER

メディアに記録されるクラスの順番を指定する。パッケージ生成時にpkgmkによって使用される。

このフィールドによりクラスが指定されない場合は、標準の順番でメディアに記録される。

MAXINST

同時にインストールすることができる、パッケージのインスタンスの数を指定する。

デフォルトでは一つだけである。パッケージを複数個インストールできるようにするためには、このパラメータに必要十分以上の値を指定しなければならない。

PSTAMP

出力するボリューム中のpkgmapファイルで使用される、プロダクションのスタンプを指定する。

プロダクションのコピーが、同時に複数個提供される場合は、それらの間の区別を付けるために使用される。

PSTAMPが指定されなかった場合は、デフォルト値が使用される。デフォルト値は"YYYYMMDDHHMMSS"(年月日時分秒)とUNIXのマシン名が使用される。

INTONLY

NULL値以外の値を指定することにより、インタラクティブ・モードでインストールする必要がある事を示す。

SUNW_PRODNAME

Solaris本体を形成するパッケージで使用されるパラメータ。パッケージの名前を指定する。最大256文字。

現在SUNW_PRODNAMEで使用される値には、"SunOS"・"OpenWindows"・"Common Desktop Environment"等がある。

SUNW_PRODVERS

Solaris本体を形成するパッケージで使用されるパラメータ。対象とするSolarisのバージョンなどを記述する。最大256文字。

例えば、SUNW_PRODNAMEが"SunOS"でSolaris2.xのベータ版であったなら、このパラメータは"5.x BETA"となり、Solaris2.xのFCS版であったなら、"5.x"となる。Solaris8では"5.8"となる。また、もしSUNW_PRODNAMEがNULLだった場合は、このパラメータもNULLで無ければならない。

SUNW_PKGVERS

Solaris本体を形成するパッケージで使用されるパラメータ。Solarisが持つパッケージ・インタフェースのバージョンを指定する。最大256文字。

SUNW_PKGVERS="<sunw_package_version>"

"<unw_package_version>"は、x.y[.z]の形式で記述する。x,y,zは整数。

SUNW_PKGTYPE

Sunの内部で使用される。Solaris本体を形成するパッケージで使用される。

/,/usr,/usr/kvm,/usr/openwinにインストールされるSolaris本体を形成するパッケージでは、このパラメータを指定する必要がある。

適切にインストールするためには、Solarisはどのパッケージがどのファイルシステムにインストールされるのかを知る必要がある。

現在、このパラメータに対して使用可能な値は"root"・"usr"・"kvm"・"ow"である。SUNW_PKGTYPEが指定されていない場合は、BASEDIR= /optを仮定する。

SUNW_PKGTYPEを省略する事ができるのは、/optにインストールされるアドオンのソフトだけである。

詳細はpackagetocを参照すること。

SUNW_ISA

Solaris本体を形成するパッケージで使用されるパラメータ。64ビットのオブジェクトを含む場合は"sparcv9"を設定する事。

省略された場合は、ARCHパラメータの値が使用される。

SUNW_LOC

Solaris本体を形成するパッケージで使用されるパラメータ。プロダクトやアプリケーションの地域化データが格納されている事を示す。

パッケージでサポートされているロケールを、コンマで区切って複数個記述する。

このパラメータは、メッセージ・カタログのような、地域化データのパッケージだけで使用される。

International Language Environments GuideのStandard Locale Namesに記述されたロケール名のみを使用する事ができる。

SUNW_LOC="<locale_name>,<locale_name>,..,<locale_name>"

<locale_name>::= <language>[_<territory>][.<codeset>]

<language>::= ISO639で定義された名前

<territory>::= ISO3166で定義された地域名

<codeset>::= 対応しているコードセット名

このパラメータに"C"を指定した場合は、伝統的なUNIXシステムと同じ振る舞いを示す。Cロケールのパッケージは地域化されていないものと同じであり、SUNW_LOCとSUNW_PKGLISTを指定する必要はない。

SUNW_LOCについては、setlocaleを参照する事。

アドオンのユーティリティの場合、Software Managerはこのパラメータを無視する。

SUNW_PKGLIST

Solaris本体を形成するパッケージで使用されるパラメータ。この地域化データのパッケージが、どのパッケージから派生したものかを示す。

このパラメータは、SUNW_LOCが定義された場合には、必ず定義する必要がある。

このパラメータは、パッケージの略称を下記のフォーマットに従いコンマで区切って指定する。

SUNW_PKGLIST="pkg1[:version],pkg2[:version],..."

バージョンを指定する場合は、その値はベースとなるパッケージで指定されたバージョン番号と一致する必要がある。

このパラメタが指定された場合、SUNW_PKGLISTはパッケージをインストールする順番を決めるのに使用される。このパラメータに指定されたパッケージは、地域化データのパッケージよりも先にインストールされる。

空白が設定された場合は、このパッケージはロケールが正しく機能するために必要なものである、と解釈される。

詳細はpackagetocを参照する事。

アドオンのユーティリティの場合、Software Managerはこのパラメータを無視する。

注意

パッケージの開発者は、このファイルに独自のパラメータを追記する事ができる。開発者により定義されたパラメータは、大文字から始まる名前にしなければならない。

値の後に続く空白は無視される。


連絡先 - サイトマップ - 更新履歴
Copyright (C)  2000 - 2016 nabiki_t All Rights Reserved.